アパレル業界におけるサスティナブルへの
取り組み|気になるニュースを紹介

sustainable_attempt

アパレル業界は、服の生産にかかるエネルギー使用量やライフサイクルの短さなどから、環境負荷が非常に大きい業界とされています。そのような中、サスティナブルな社会を実現するために、アパレル業界ではさまざまな企業が取り組みを行っています。
この記事では、アパレル業界における企業のサスティナブルへの取り組みをご紹介します。

アパレル業界でも注目を集めるサスティナブル

2015年の国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、世界的に多くの業界でサスティナブルへの取り組みが行われています。
特に、大量生産・大量消費・大量廃棄が問題視されていたアパレル業界では、地球環境への影響が大きいとされています。たとえば、天然繊維を生産するための農薬による土壌汚染、レザーやファーなどの動物から生産される生地、または、不当な価格で労働時間を買われる発展途上国の労働者は、大きな社会問題のひとつです。
このような社会的な問題を解決するために、アパレル業界ではさまざまな企業がサスティナブルへの取り組みを行っています。
次章ではアパレル業界において、企業が行っている取り組みをご紹介します。

アパレル業界におけるサスティナブルへの取り組み

素材への配慮

アパレル業界におけるサスティナブルへの取り組みのひとつとして、服に使用する生地にサスティナブル素材を使用していることがあげられます。サスティナブル素材とは、リサイクル素材や生産過程で水の利用を控えた素材を指します。サスティナブル素材には、「天然素材」と「リサイクル素材」があります。
天然素材とは、自然に存在するものの繊維を使って作られる素材のことです。一方人工の繊維は、化学燃料などによって簡単に微生物による分解はされず蓄積され、マイクロプラスチックを放出します。しかし、天然素材のひとつである生分解性素材は、微生物が分解するため、廃棄しても生分解され土に還ります
サスティナブル素材のひとつであるリサイクル素材は、不要になった繊維をリサイクルし再度洋服の繊維として使用します。
サスティナブルな素材に関しては以下の記事で詳しく説明しているのであわせてご覧ください。


フェアトレード

フェアトレードとは公平・公正な貿易を指します。かつては先進国の企業が、発展途上国の商品を不当な価格で買い取ることが多く見られました。そのような状況を打破しようと、1997年にフェアトレード認証制度が誕生し、近年では身近なものになりました。
フェアトレードは、生産者に対等な対価を払うことによって、生産者の生活を支え、貧困の減少へと繋がります。
アパレル業界では、生産工場、素材メーカー、小売店など多くの企業によって製品が成り立っていることが多いため、社員でも自社の製品の生産背景を知らないこともあります。しかし昨今、アパレル業界でもサスティナブルが注目され、「自社の製品がどこで作られたのか」と生産背景を明らかにする企業が増えています。

受注生産

受注生産とは、在庫を持たずに顧客から注文を受けて製品を作る生産形態のことです。受注生産は製造業など、製品の原価が高い業界で多く取り入れられている生産形態ですが、大量生産・大量消費・大量廃棄が問題視されているアパレル業界でも注目されています。
受注生産では、無駄な生産や廃棄がないため資源が保全され、環境への負担も少なくなります。また、
近年では、生産体系を完全に受注生産にし、破棄率0%を目指すアパレル企業も増えてきています。

バーチャルサンプリング

サスティナブルへの取り組みとして、仮想のサンプルを使う企業が増えてきています。
これまでは製品サンプルとして実物の服を使うことが多くありましたが、サンプルとして使われた製品は廃棄されてしまうことが多くありました。バーチャルサンプルを取り入れることで、廃棄やサンプル製品の輸送によるCO2も削減できます。
アパレル業界でも、サスティナブルへの関心が増していくことと同時にデジタルが発展したことにより、バーチャルサンプリングに取り組む企業が多くあります。
たとえば、3Dモデリングは、パソコンでデザインや生地のイメージを作ることができます。サンプル製品のために実際に生地を作る、副資材を集めてガーメントを作るなどの工程は必要なくなり、サンプルの生産・破棄はなくなります。また、大幅な製造時間短縮と手間を省くこともできます。
3Dモデリングに関しては以下記事で詳しく説明しているので、あわせてご覧ください。



ここまでさまざまなサスティナブルへの取り組みをご紹介してきました。次章では、実際にサスティナブルへの取り組みを行っている企業のニュースをご紹介します。

アパレル業界における企業のサスティナブルへの取り組み

話題のニュースをご紹介

アパレル業界で話題になった、企業の取り組みをご紹介します。

しまむら、廃棄物の削減や資源の再利用を目的に
裁断くずから作った生地を使用した環境配慮型商品を販売開始


【PR】コロナ禍のファッション市場で急拡大する素材「Naia™」
サステイナブルと高品位な素材感で注目


日本エクスラン工業、100%リサイクルのアクリル繊維「アクリケア」を開発

オンワード樫山「アンフィーロ」が再生ポリエステルのニットシューズ発売

EC「ユークス」が新サステナプロジェクトを始動
余剰生地を使ったカラフル&ポップなスカートなどを発売


伊藤忠商事など3社 伊で副資材を展開
原料にリサイクルナイロン 欧州ブランド狙う


繊維商社タキヒヨーとスノーピークが協業したサスティナブルなスエットシリーズ

ユニクロが21年秋冬からのアルパカ素材不使用を発表 
PETAの告発にH&M、ギャップも反応


【ファッションとサステイナビリティー】
商社の環境負荷低減に向けた取り組みが加速 前提となる「社会的役割と責任」


アディダス最大のランニングキャンペーン
1km走るごとにペットボトル10本分の海洋廃棄物を回収


マッシュルームレザーの生産拠点が日本に
「ダブレット」が組んだインドネシア発スタートアップ創業者が語る


また、以下の記事でもアパレル業界のサスティナブルへの取り組みをご紹介しています。ぜひご覧ください。


サスティナブルへの取り組みは企業にとって必須

世界的にサスティナブルへの動きが進む中、大量生産・大量消費・大量廃棄が問題視されてきたアパレル業界において、環境に配慮した取り組みは必須と言えます。また、消費者においても服づくりの背景を気にかける方が増えています。顧客のニーズに応えるためにも、アパレル企業にとってサスティナブルへの取り組みは重要です。

先にご紹介したバーチャルサンプリングのひとつとしておすすめなのが、小島衣料の3Dモデリングサービスです。
3Dモデリングによるサスティナブルな服づくりにより、サンプル製品の廃棄や製品の輸送によるCO2も削減できます。
通常、自前で3D生産を行おうとすると大規模な投資費用が必要です。しかし、小島衣料の3Dモデリングを活用すれば、こうした初期投資は不要であり、必要な分だけ低コストで生産できます。

3Dモデリングサービスについて、メリットや納品までの流れなど詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。



3Dモデリングサービスの納期やお見積もりについては、下記ページで受け付けています。3DのCADサービスの導入を検討している方は、ぜひお問い合わせください。

料金が一目でわかる!資料をプレゼント
パターンメイキング・グレーディング
料金資料をもらう(無料)
お申込み後、リアルタイムでお送りいたします!

急ぎのご相談から、
サンプル作成、
小ロット対応まで
お気軽にご相談下さい。

メールでお問合せ

納期問合せ・見積り依頼(無料)

(受付時間:24時間)

電話でお問合せ

【東京】03-5642-6155

(受付時間:平日10:00~18:00)

納期問合せ 見積り依頼 料金ダウンロード